今村電気化学株式会社

射出成形、プラスチック金型、樹脂成形、樹脂機械加工、プラスチック|今村電気化学株式会社

対応材料

【スーパーエンプラ樹脂】
PPS樹脂
PSU樹脂
PES樹脂
PEI樹脂
PEEK樹脂
PAI樹脂
液晶樹脂
フッ素樹脂
【導電性樹脂】
ABS系永久制電性樹脂
導電性コンパウンド
チタン酸カリウム繊維複合樹脂
各種カーボン繊維入り樹脂
【汎用エンプラ樹脂】
ポリアミド樹脂
ポリアセタール樹脂
ポリカーボネート樹脂
変性PPO樹脂
PPE樹脂
PBT樹脂
熱可塑性エラストマー
【汎用樹脂】
ポリプロピレン樹脂
ポリスチレン樹脂
AS樹脂
ABS樹脂
アクリル樹脂

 

HOME»  会社概要

会社概要

ご挨拶

ご挨拶

 

今村電気化学株式会社のホームページをご覧頂きましてありがとうございます。

近年、試作量産においてプラスチック金型・成形技術の発展は目覚しく、製品開発に必要不可欠のものとなり、これからの日本のものづくりは先端技術を活かして高付加価値の分野を目指す必要があります。

当社は早くからスーパーエンプラや導電性樹脂などの新素材を製品化して参りました。豊富な経験と知識をもとに樹脂流動性解析技術を融合し、お客様の開発支援を得意としております。

お困りのことがございましたら今村電気化学へご相談ください。

 

会社概要

会社名 今村電気化学 株式会社
代表 代表取締役 社長 吉川 敏雄
所在地 本社     〒141-0031 東京都品川区西五反田5-1-16
五反田工場  〒141-0031 東京都品川区西五反田5-31-20
創業 昭和23年3月
設立 昭和32年6月
資本金 1,000万円
敷地 本社     165m2
五反田工場  200m2
社員数 14名
主要取引銀行 みずほ銀行 五反田支店
芝信用金庫 不動前支店
三菱東京UFJ銀行 五反田支店
主要製品品目 ・コンピュータ関連部品
・工業用ミシン関連部品
・環境計測器関連部品
・弱電機器関連部品
・医療関連部品
(精密機構部品、プリント基板ガイド/レバー、フロントパネル、各種レンズ、各種歯車、その他)

 

会社沿革

昭和23年3月(1948年) 今村電気商会を創業
電気機器、ラジオの販売並びに製造を開始
昭和29年5月 プラスチック製品の成形加工を専業とする
昭和32年6月(1957年) 今村電気化学株式会社に改組
昭和47年4月 コンピュータ関連部品の製造開始
昭和50年3月 UL成形認定工場に認定(コード番号C1468)
昭和57年4月 工業ミシン関連部品の製造開始
昭和58年3月 規模拡張のため、工場を現住所へ移転
平成2年1月 品川区小規模企業優良工場指定12号に指定される
平成2年1月 品川区異業種交流研究会”WASSEしながわ”会員となる
平成8年3月 資本金を1,000万円に増資
平成9年4月 機械加工製品受注の本格展開開始
平成12年3月 試作用射出成形金型及び樹脂型・製作成形受注の本格展開開始
平成13年9月 フッ素ガス等の成形時生成ガス浄化設備完成
平成14年 プラスチック成形加工学会 正会員となる
平成15年3月 ソフトウェア Solid Works を導入
平成15年4月 ニコン測定顕微鏡MM40/L3FAを導入
平成16年1月 100t射出成形機をファナックS2000i 100Aに入替
平成16年8月 50t射出成形機をファナックS-2001i 50Aに入替
平成17年10月 ソフトウェア B-net を導入
平成19年5月 三次元測定器を東京精器×YZAXに入替
平成20年4月 150t射出成形機をファナックS-2000i 150Bに入替
平成20年9月 流動解析ソフトを導入
平成21年1月 KES(環境マネジメントシステム・スタンダード)の認証取得
平成23年2月 ハ-モ・トラバ-スに入替
平成24年1月 50t射出成形機をファナックS-2000i 50Bに入替

 

集合写真   看板